有機性資源循環利用確立事業 2 畜産由来有機物の合理的利用技術の開発 (1)作物別施用効果

有機性資源循環利用確立事業 2 畜産由来有機物の合理的利用技術の開発 (1)作物別施用効果

県名福島県
研究機関名福島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
研究対象水稲
概要 畜産由来有機物の水田土壌中における特性を明らかにする。牛糞堆肥+化成減肥区、豚ぷん+化成減肥区及び鶏ふん+化成減肥区で収量及び品質が化成肥料区並以上であった。これらから、化成肥料6.0kg/10aを牛糞堆肥2000kg/10a、豚ぷん資材や鶏ふん資材400kg/10aに代替えすることが可能である。
研究分担農芸化学部
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門土壌肥料
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107618
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat