3 畜産環境保全技術の開発(1)環境負荷低減技術の確立 1)畜舎汚水処理方法の検討 イ カキ殻による低減技術の確立

3 畜産環境保全技術の開発(1)環境負荷低減技術の確立 1)畜舎汚水処理方法の検討 イ カキ殻による低減技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜17
年度2004
研究対象
概要簡易な環境低減技術確立の一環として、カキガラのリン、銅及び亜鉛の吸着効果を検討した。曝気後の汚水について、カキガラ2%(容積比)による吸着効果を検討した結果、リン及び亜鉛では効果は認められなかった。また銅でもその効果は僅かであった。
研究分担肉畜部
戦略畜産
予算区分県単
専門環境
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107709
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat