3 家畜ふん尿を活用した環境保全型自給飼料生産技術の確立(2)草地等への還元利用のための尿等液状物の処理・利用技術の確立 1)尿貯留槽内液状物の悪臭除去実証試験

3 家畜ふん尿を活用した環境保全型自給飼料生産技術の確立(2)草地等への還元利用のための尿等液状物の処理・利用技術の確立 1)尿貯留槽内液状物の悪臭除去実証試験

県名福島県
研究機関名福島県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2004
研究対象乳用牛
概要尿の草地・飼料畑への還元利用を前提に中小規模畜産農家が導入可能な低コストな処理利用方法を明らかにする。乳牛由来の尿汚水液状物について、曝気処理と0.5%リン酸添加の組合せ処理により、アンモニア及び硫化水素の発生は低減され、施用時の臭気低減効果が確認された。しかし 施用後に残存する臭気の対策は残った。
研究分担草地飼料部
戦略畜産、環境
予算区分県単
専門環境
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107715
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat