木質バイオマス循環利用モデルの開発

木質バイオマス循環利用モデルの開発

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
概要目的:市町村・流域単位で、木質バイオマス賦存量を推定と経済性を解明。 計画:木質バイオマスの推定方法の検討、県内木質バイオマスの賦存量の推定、モデル地域における供給コスト及び経済性の推定と検討、バイオマス利用シミュレーションモデルの開発。 期待される成果:福島県内の木質バイオマス利用開発の促進。 得られた成果:木質バイオマスの賦存量を市町村ごとに算出。福島県に適応可能な林地残材の供給コストを算出、化石燃料との経済比較検討。 成果の受け渡し先:市町村・森林組合。 
研究分担森林環境
戦略森林・林業
予算区分国庫補助
専門経営・管理
部門林業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107747
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat