メロン生産安定緊急対策開発事業

メロン生産安定緊急対策開発事業

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センタ−園芸研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継HH15〜19
年度2004
研究対象メロン
概要近年、メロンの主産地で問題となっているメロンつる割病の新レース(レース1やレース1,2y)に対して、レースの簡易検定法の開発、熱水土壌消毒等の熱を利用した防除法の開発、抵抗性台木の利用技術開発を行い、ほ場に発生しているレースや発生状況に応じて選択できる防除技術をマニュアル化する。これまでに、県内で発生しているつる割病がレース1であること、16年春に発生が確認された病原菌がレース1,2yであることが明らかになり、発生分布や状況を把握することができた。防除対策としては、レース1対策として還元型太陽熱土壌消毒と抵抗性台木の利用を併用した防除技術を確立し、現地への普及をすすめているところであるが、新しく発生が確認されたレース1,2yに対しては抵抗性を有する台木が存在しないため、耐病性台木の選定やより効果的な防除方法について検討している。
研究分担メロングループ
戦略園芸
予算区分県単
専門病害
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107937
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat