機能性成分を活かした県内農産物の高付加価値化及び機能性成分改善技術の開発

機能性成分を活かした県内農産物の高付加価値化及び機能性成分改善技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象水稲
概要目的:機能性成分を活かした県内農産物の高付加価値化を図るため、低タンパク質米である「ひたち錦」、「LGCソフト」のタンパク質特性を明らかにし、慢性腎不全患者向け低タンパク質米としての医療用米開発の可能性を検討する。また、より低タンパク質となる栽培技術および搗精歩留まりについて検討する。 成果の概要:LGCソフトは収量が少なく(コシヒカリ対比96%)、千粒重が軽い(21.7g)が、低グルテリン米生産上は易消化性タンパク質含有率が低く、食味も優れる。白米中の総タンパク質含有率は60%まで搗精歩留まりを下げることにより、91%搗精に比べてLGCソフトで最大2.3%低減させることが可能であり、医療用途の低グルテリン米生産上は食味も含めて優れた。
研究分担作物研究室
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門栽培生理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107955
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat