土壌消毒を行わないコンニャク栽培技術の開発

土壌消毒を行わないコンニャク栽培技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター山間地帯特産指導所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象コンニャク
概要1.微生物資材(放線菌入り資材とカニ殻資材)施用による土壌病害抑制及びコンニャク球茎収量との関係は判然としなかった。2.輪作作物としてベニバナインゲン、エダマメ、ソバ、株養成アスパラガスをコンニャク連作圃場で栽培し、コンニャクとの輪作が可能かどうか収量等から検討した。10a当たり収量は、ベニバナインゲン63kg、エダマメ1,435kg、ソバ68kg、アスパラガス600kgであった。ベニバナインゲン栽培の10a当たりの資材費は15万円となった。また、ベニバナインゲンはコンニャクと同じピシウム菌、リゾクトニア菌による立枯病と白絹病が発生することが明らかになった。
研究分担山間特産
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107997
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat