I−1水稲の新品種の育成と選定(1)水稲良質安定多収品種の育成(i)水稲の新品種育成

I−1水稲の新品種の育成と選定(1)水稲良質安定多収品種の育成(i)水稲の新品種育成

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S62〜
年度2004
研究対象水稲
概要  本県に適する良質・多収・耐病性・直播き向き品種及び糯・酒米品種を育成する。また、品種育成に必要な交配母体の調査を実施する。更に、いもち病検定、穂発芽性検定、縞葉枯病検定、白葉枯病検定、耐冷性検定、食味検定を実施し、特性を把握する。本年は、育種目標に基づいて交配を行い、得られたF1の種子を世代促進温室において世代促進栽培に供試した。前年度に交配したF2を引き続き世代促進栽培に供試し、F4種子を養成した。世代促進栽培が終了したF4及び前年度耐冷性で選抜したF5を展開し、それぞれ選抜した。前年度選抜した系統を生産力検定試験予備−1に供試し、熟期、収量、耐冷性、病害虫抵抗性、食味(主食用)等で選抜し系統番号を付した。前年度系統番号を付した系統及び前年度から継続して検討している系統を生産力検定試験予備−2に供試し、熟期、収量、耐冷性、病害虫抵抗性、食味(主食用)等選抜を行い、有望だった系統を試験継続として、特に有望だった系統に栃木16号の系統名を付した。3系統を生産力検定試験本試験に供試し、各形質についてさらに詳しい検討を行った。その結果、栃木15号を継続とし、特に有望だった栃木酒14号を品種登録申請を行い、本県奨励(認定)品種に採用した。
研究分担作物経営部・作物品種開発研究室
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門水稲
業績(1)早生で作りやすく良食味の水稲新品種「栃木7号」
(2)水稲新品種「栃木7号」で新たな飛躍を
(3)新品種「栃木7号」の品種特性と栽培法
(4)多収で作りやすい栃木県オリジナルの酒米新品種「栃木酒14号」
(5)水稲新品種「なすひかり」の育成
(6)ひとめぼれに替わる水稲新品種「なすひかり」の栽培法
(7)早生・良食味水稲新品種「栃木7号」
(8)早生で耐冷性に強く良食味の水稲新品種「なすひかり」(作物品種開発研究室)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108091
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat