I−3園芸作物等の需要に応じた新品種の育成と選定(1)いちごの新品種育成(iv)組織培養系を利用した萎黄病等耐病性個体選抜法の確立

I−3園芸作物等の需要に応じた新品種の育成と選定(1)いちごの新品種育成(iv)組織培養系を利用した萎黄病等耐病性個体選抜法の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜18
年度2004
研究対象いちご
概要促成用品種は、11月下旬から収穫が可能な大果で食味がよく、輸送性・日持ち性の高い耐病性品種を育成する。また、四季成り性品種は、四季成り性が強く、大果で果実硬度が高く、食味のよい品種を育成する。更に、育種素材の収集及び特性検定を実施し有望な交配母本の検索を行う。病原菌接種による幼苗検定技術を確立するため、炭疽病保菌実生苗の菌不活性化を検討したが、薬剤及び温湯浸漬処理は効果無かった。培養変異を利用した耐病性個体選抜法を確立するため、いちご品種とちおとめの葉片および葯を材料とし、効率的なカルス形成条件および再分化誘導条件の検討を行い、適した照度条件と培地条件を明らかにした。
研究分担生物工学部・病理昆虫研究室
戦略園芸
予算区分県単
専門育種
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108109
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat