地域特産食品の機能性及び物性評価に関する研究

地域特産食品の機能性及び物性評価に関する研究

県名栃木県
研究機関名栃木県産業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜16
年度2004
概要栃木県の地域特産物である「しもつかれ」は栄養学的には優れた食品といわれているものの、その機能性成分については未だ明らかにされていない。また、「ゆば」についても加工適性等の物性評価は行われていない。種々検討し他結果、「しもつかれ」についてはその機能性を把握するとともに機能性成分がどの原材料に由来しているのかを明らかにすることができた。また、「揚巻ゆば」について、様々な食感や物性等を有するものが市販されており、揚げる温度と時間、調味時間等により物性等に違いが生じることが認められた。
研究分担食品加工研
戦略食品
予算区分県単
専門食品加工流通
部門共通
業績(1)食品廃棄物を用いた機能性食品素材の開発−開発素材の各種食品への利用技術−(第2報)
(2)地域食品「しもつかれ」の成分及び機能性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108258
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat