3 ゆとりと快適作業のための高品質・省力キュウリ生産技術の開発 (2)施設キュウリの高生産性栽培技術と省力的草姿管理技術の確立

3 ゆとりと快適作業のための高品質・省力キュウリ生産技術の開発 (2)施設キュウリの高生産性栽培技術と省力的草姿管理技術の確立

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜16
年度2004
研究対象キュウリ
概要目的:当場で開発した根域制限ベッド栽培システムによる年3作型短期連続更新に関する個別技術を体系化し、その効果について2作型と比較検討する。計画:慣行自根区、慣行接ぎ木区、根域3作型自根区、根域3作型接ぎ木区の比較検討を行う。期待される成果:作業能率・生産性が向上し、高品質キュウリ生産が可能になり、産地の維持発展が図れる。得られた成果:根域3作型接ぎ木は、慣行並みの収量が得られることが明らかになった。また自根では、約2割減るが土壌病害虫から回避した栽培が可能であり、自根ニーズに対応可能な栽培方法であると考えられた。 
研究分担野菜グループ
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108291
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat