91 コンニャクの高品質安定栽培技術試験 (1)輪作体系における作付け方式の検討

91 コンニャクの高品質安定栽培技術試験 (1)輪作体系における作付け方式の検討

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完各年次
年度2004
研究対象コンニャク
概要目的:コンニャクの連作障害を回避するため輪作作物としてイネ科作物、野菜等を導入した場合の、作付け方式とその効果を検討する。 得られた成果:作付け方式によっ球茎収量の増収率は異なり、隔年輪作の場合は、コンニャク連作区の115%と多収であるのに対し、2年連続輪作区は105%前後であった。生子収量も同様の傾向が認められ、隔年輪作の場合は、コンニャク連作区の140%前後、2年連続輪作区は110〜125%であった。
研究分担こんにゃく特産研究C
戦略土地利用型
予算区分県単
専門栽培生理
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108470
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat