平坦地ソバの農薬を使用しない病害虫防除技術の確立

平坦地ソバの農薬を使用しない病害虫防除技術の確立

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜18
年度2004
研究対象ソバ
概要 ソバの栽培面積は水田転作作物として、また遊休農地活用作物としても平坦部で増加している。地産地消の推進作物として主要な地位にある。平坦部の水田作では、温暖化によるハスモンヨトウの著しい食害や、立枯病に遭遇することから、安定栽培のための病害虫対策技術の構築が要望されている。害虫対策としては、平成15年にソバ対象農薬として初めてハスモンヨトウ対象剤が登録されたが、現地では無農薬栽培のニーズが高い。黄色灯によるハスモンヨトウの防除効果と湛水処理による立枯病防除技術を確立する。
研究分担生産環境担当
戦略土地利用型農業、園芸
予算区分 県単
専門虫害
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108608
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat