露地野菜の有機野菜生産管理方式の開発

露地野菜の有機野菜生産管理方式の開発

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象ニンジン、ホウレンソウ
概要目的:減農薬・減化学肥料栽培などを推進するため、これまでに蓄積された特別栽培に係る個別技術を作目ごとに体系化し、有機栽培技術実証展示圃を設置し、問題点の摘出、開発された技術の経営的評価を行い、露地野菜の有機栽培生産管理方式を確立する。 得られた成果:ニンジンでは作付前のエン麦(ヘイオーツ)の栽培と土壌の太陽熱処理により線虫の被害、雑草の発生を抑制できた。また、給食残渣等有機質肥料の施用により慣行栽培と同等以上の収量を確保できることが明らかになった。 ホウレンソウでは4〜5月の栽培では立枯れ病の発生があったが、10月〜12月の栽培では、作付前の太陽熱処理により病害虫の発生が抑制できた。また、給食残渣等有機質肥料の施用により慣行栽培と同等以上の収量を確保できることが明らかになった。
研究分担園芸研究所
戦略園芸
予算区分県単
専門土壌肥料
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108643
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat