豚体外生産胚の非外科的移植実証試験

豚体外生産胚の非外科的移植実証試験

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜18
年度2004
研究対象
概要 豚体外生産胚の非外科的移植が可能となることにより、優良な子豚生産や感染症の防除対策が低コストに実現する。特に、育種改良面では屠場の肉質に優れたな肉豚から卵巣を採取し、体外生産胚を作成して仮親に移植することによって肉質優良な改良への貢献が期待される。そこで、共同研究機関が改良・開発を進めてきた豚胚の非外科的衣装用器具及び培養液を用い、体外生産胚を種雌豚に移植し、産子を得る手法を開発する。
研究分担畜産研究所
戦略畜産
予算区分受託(独法)
専門繁殖
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108671
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat