ふるさとの川魚類資源調査事業

ふるさとの川魚類資源調査事業

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜
年度2004
概要 都市化の影響や治水・利水工事等により水辺環境が大きく変化し、魚の種類や数が急激に減少しており、自然豊かな県土づくりなど、自然再生を行う必要性が高まっている。このことから、水域の自然の豊かさを包括的に把握するため及び魚類資源の維持や有効利用を図るために、湖沼河川や農業水路の魚類分布調査を行うとともに、アユでは、天然そ上資源量及び冷水病菌保菌状況を把握する。また、イワナ、ヤマメでは、放流水域と未放流水域を把握し、再生産に係る環境条件や有効利用及び資源量維持のための適正な漁獲量を把握する。
研究分担水産環境担当
戦略水産
予算区分県単
専門水産増養殖
部門河川湖沼等
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108700
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat