1.新品種育成強化促進事業(II期)(1)カンショ新品種の育成 (iii)裂開簡易検定法の確立

1.新品種育成強化促進事業(II期)(1)カンショ新品種の育成 (iii)裂開簡易検定法の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2004
研究対象カンショ
概要 赤玉土主体の培土を詰めた黒ポリポットに小苗を挿し、8週間やや乾燥状態に水分管理する簡易検定法を基本に、カリウム加用の追試験を行った。裂開は6週目を中心に発生したが、その後治癒し、8週目には減少した。前回試験と異なる結果となった。
研究分担畑作
戦略土地利用型農業・作物育種
予算区分県単
専門育種
部門甘しょ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108730
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat