1.新品種育成強化促進事業(II期)(3)トマトの新品種育成 (i)優良F1系統の選抜、育成

1.新品種育成強化促進事業(II期)(3)トマトの新品種育成 (i)優良F1系統の選抜、育成

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
研究対象トマト
概要 良食味高β-カロテン系統「B97aII1」系統からF7世代で3系統を選抜し、「育プロ1号」、「育プロ2号」、「育プロ3号」とした。この3系統にTMV抵抗性系統「B95124」の2系統をF1組み合わせし、ハウス抑制栽培で検討した結果、「B95124-01P3」×「育プロ2号」、「B95124-01P5」×「育プロ2号」、「B95124-01P5」×「育プロ3号」の3組み合わせが品質、収量性、裂果が少なく、有望と判断した。また、CMV抵抗性遺伝子組み換え系統について特定網室で特性調査を行った。
研究分担野菜育種
戦略園芸・作物育種
予算区分県単
専門育種
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108737
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat