2.バイオマス多段階利用システム生産物を利用した栽培実証(1)液肥を利用した野菜栽培の実証

2.バイオマス多段階利用システム生産物を利用した栽培実証(1)液肥を利用した野菜栽培の実証

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜18
年度2004
研究対象野菜
概要 山田町のバイオマス多段階利用システムから生産される液肥(メタン発酵消化液)を利用した野菜栽培を実証する。すでに稼働している同一プラントのメタン発酵消化液をホウレンソウの基肥に用いたポット栽培試験では、発芽や生育に及ぼす影響は見られなかった。しかし、悪臭や土壌混合時の物理性の悪化が問題となった。
研究分担畑作
戦略園芸、畜産、環境
予算区分再委託(独法)
専門栽培生理 
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108814
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat