8.「ちばエコ農業」推進実証試験(4)ハウス半促成インゲン栽培現地実証試験(要望課題)

8.「ちばエコ農業」推進実証試験(4)ハウス半促成インゲン栽培現地実証試験(要望課題)

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜16
年度2004
研究対象ハウス半促成インゲン
概要 サヤインゲンを対象品目とし、ちばエコ農業の基準(化学合成農薬使用回数:10回、化学肥料使用量:窒素成分量12kg/10a)が達成できることを現地で検討した。その結果、収量及び莢中の硝酸イオン含量はちばエコ区と慣行区間で差が認められなかった。病害の発生は、ちばエコ区で灰色かび病がやや多く発生したが、それによる減収は認められなかった。
研究分担野菜メロン
戦略園芸、農山漁村
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat