16.害虫に対する新農薬の効果検定(1)主要害虫に対する新農薬の効果検定と実用性

16.害虫に対する新農薬の効果検定(1)主要害虫に対する新農薬の効果検定と実用性

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
研究対象野菜他
概要 飯岡町、成田市及び市原市において複合交信攪乱剤性(コンフューザーV)の防除効果を明らかにした。また、ナシのハダニに対する新規薬剤及び数剤の防除効果を明らかにした。 ビワの果樹カメムシ類に対するアドマイヤーフロアブル剤、ロディー乳剤の効果を検討したが、果樹カメムシ類の発生量が少なく、効果は明らかでなかった。エンダイブのカブラヤガに対するカルホス微粒剤、キクのオオタバコガに対するプレオ乳剤、カーネーションのハダニ類に対するSYJ-159乳剤は実用的な効果が認められた。
研究分担昆虫
予算区分県単
専門虫害
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030108969
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat