肉用牛肥育における未利用、低利用有機資源を用いた脂肪質改善による食味性向上に関する研究

肉用牛肥育における未利用、低利用有機資源を用いた脂肪質改善による食味性向上に関する研究

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜19
年度2004
研究対象肉用牛
概要給与飼料と牛肉の食味性の関連を明らかにするため、食味性に係る主要因である脂肪質に焦点を絞り、脂肪質改善に効果が高いと考えられている製造副産物の一つ[生米ぬか]を給与飼料に用い脂肪質との関係を明らかにするとともに、脂肪質に係る各種要因との関係について関東4県の協定研究で検討する。
研究分担肉牛研
戦略畜産
予算区分県単
専門飼養管理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat