家畜の胚移植等利用効率向上のための技術の改善

家畜の胚移植等利用効率向上のための技術の改善

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
研究対象乳用牛
概要体内受精卵の採取が困難となった優良種雌牛に対して、独自の吸引用ポンプに接続した卵胞採取器を用いて、経膣採卵を実施し採取方法を検討した。また、吸引卵子を成熟培養・体外受精後、卵子に付着した少量の卵丘細胞と共に発生培養を実施し胚盤胞の発育性を確認した。なお、発生胚盤胞に対しては、凍結保存について検討中である。さらに、効率的な採取方法・少数卵子での胚発生手法の実証を行う。
研究分担嶺岡乳牛研究所
戦略畜産
予算区分県単
専門繁殖
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109023
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat