野菜 2 高品質安定生産技術の開発(1) 抑制トマト栽培を主軸としたフルオープンハウスの効果的利用管理技術の開発

野菜 2 高品質安定生産技術の開発(1) 抑制トマト栽培を主軸としたフルオープンハウスの効果的利用管理技術の開発

県名東京都
研究機関名東京都農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2004
研究対象トマト
概要目的・計画:抑制トマトにおける開閉管理技術の確立、開放による施設内環境特性の把握、開放が生育、収量、品質に及ぼす影響 抑制トマト前後作付に適した作型開発、導入品目の検討、フルオープンを活かした管理技術の検討期待される効果:フルオープンハウスを導入・活用する上での指針となり、事業で導入したハウスが有効に活用される フルオープンハウスを効果的に利用した高温対策により、作業の快適化はもとより、ハウス抑制トマト栽培の生産が安定する。 屋根を開放してハウス内に降雨を入れることにより塩類集積を防ぐことができる。
研究分担園芸部
予算区分都単
専門栽培
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109215
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat