豚胚の非外科的移植技術の高度化に関する研究

豚胚の非外科的移植技術の高度化に関する研究

県名神奈川県
研究機関名神奈川県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象
概要背景:・豚胚の移植については成功例が報告されているものの未だ実用化技術の域に至っていない。・豚胚移植技術は遺伝資源の保存だけでなく、生産や育種の現場で経済的に要望の高い技術として早急に完成が求められている。・豚胚の外科的移植法は完成されたものとなっているが、開腹手術が必要で実用化には困難さが伴うため、農家の庭先で牛と同様に非外科的に移植ができれば実用化へのステップが大いに進展する。目的: ・生産現場から要望の高い豚胚の非外科的移植技術を早急に確立する。 ・子宮深部(子宮角)へ移植可能な器具を開発し、人工授精と同等の受胎率及び産子数が得られる移植手法を確立する。最終目標・成果: ・非外科的に農家の庭先で人工授精と同等の受胎率及び産子数が得られる移植手法が確立される。 ・この技術により農家の優良種豚の有効利用が衛生的に図られる。
研究分担繁殖工学
戦略畜産
予算区分受託
専門繁殖
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109373
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat