定置網操業システム改良開発試験

定置網操業システム改良開発試験

県名神奈川県
研究機関名神奈川県水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
概要 「食の安全・安心」や「地産地消」への関心が高まり、本県の水産資源にも県民の期待が大きくなりつつある状況のもと、本県沿岸漁業の安定と向上を図るためには,個々の漁業技術を高めることに加えて,賢く獲り,食糧として安定的に供給させる一連の漁労作業が最適な流れで進行するような「漁業のシステム化」が必要である。
 そこで、(i) 中型・小型定置網の開発試験、(ii)定置網海域急潮観測調査、(iii)定置網漁獲物の鮮度保持試験、(iv)畜養水面高度活用技術開発試験、(v)刺網等の漁業技術改良試験、を実施する。
研究分担水産総合研究所 相模湾試験場
戦略水産
予算区分県単
専門水産工学
部門海洋
業績(1)両中層網の網成りと側張強度に関する研究
(2)定置網の側張に作用した張力(2175日の流体抵抗の力積)
(3)定置網における漁具防災と活性化
(4)定置網の新技術と将来展望
(5)定置網に大被害を与えた急潮の実態と防災対策
(6)相模湾における定置網漁具の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109401
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat