野菜生産における環境保全型生産技術の総合体系化

野菜生産における環境保全型生産技術の総合体系化

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
研究対象共通
概要野菜生産において、有用微生物の機能を最大限活用した堆肥や有機質肥料等の有機物資源利用技術の確立と、農薬代替技術や減化学農薬生産技術、有機質肥料活用減化学肥料生産技術を確立するとともに、主要な野菜品目について既存の個別減化学肥料・減化学農薬生産技術を組み合わせた総合技術体系を実証・評価する。 計画:(1)有用微生物の機能を活用した有機物資源利用技術の確立  (2)農薬代替技術・有機質肥料利用技術の確立  (3)主要野菜における減化学肥料・減化学農薬栽培の総合体系実証 得られた成果:(1)ねぎ黒斑病、葉枯病に対する有効薬剤を明らかにし要防除水準を設定した。 (2)アザミウマ類被害は収量に影響がなく、ニンジンでのネキリムシ類の防除は3葉期まででよいことが分かった。 (3)市販有機質肥料の硝酸態窒素溶出パターンが把握された。 (4)主要野菜の減現栽培実証試験ではスイートコーン、ハウス初夏〜秋まきホウレンソウ、晩秋蒔きコマツナで減減栽培はほぼ可能との実証が得られた。秋冬ネギでは1割程度減収したがほぼ達成できた。 成果の受け渡し先:成績書に検討結果を掲載し普及を図る。残された問題点:主要野菜の減減栽培体系実証を、順次行なう。
研究分担環境科
戦略園芸
予算区分県単
専門土壌肥料、病害、虫害
部門野菜
業績(1)球根類の環境保全型生産技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109549
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat