母豚の授乳期における栄養管理と環境負荷低減技術の確立

母豚の授乳期における栄養管理と環境負荷低減技術の確立

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象
概要 授乳期の母豚の養分要求量はNRC、ARC及び日本飼養標準間に違いがあり、また、泌乳能力が高く、子豚の離乳時体重が大きい系統造成豚については明らかにされていない。多頭化が進む中で養豚農家は、住民の環境や健康への関心の高まりに対応するため、生産性の維持を図りつつ、環境への負荷を軽減する環境保全型の飼育管理技術を取り入れることが必要となっている。豚糞排せつ量、リン・窒素及び銅・亜鉛等ミネラル排せつ量の低減は、各単位での報告はあるが総合的に低減させる技術の確立が望まれている。(1)授乳期の母豚の養分要求量及び母豚への給与方法、給与回数を明らかにする。(2)肥育豚、繁殖雌豚への給与飼料の形態の変更や消化酵素添加等により窒素、銅、亜鉛の排せつ量を低減する。
研究分担養豚養鶏
予算区分県単
専門飼養管理
部門
業績(1)母豚の授乳期における飼料給与量が発情再帰日数に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109562
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat