渓流域管理体制構築事業

渓流域管理体制構築事業

県名新潟県
研究機関名新潟県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
概要目的:遊漁者及び漁協双方の活動を考慮しながら、遺伝的な固有性・多様性を維持したイワナ資源の保全を実現するために、ゾーニング導入等の新たな管理手法を開発する。得られた成果:登川におけるC&Rの効果を明らかにした。北ノ叉川及び奥三面川水系におけるイワナの生息環境と生息実態、産卵実態についての知見を得、禁漁区設定要件の一部について明らかにした。姫川水系イワナの遺伝的集団構造について明らかにした。天然親魚からの効率的畜養方法について知見を得た。
研究分担資源課・魚沼支場
戦略水産
予算区分受託(水産庁)
専門水産増養殖
部門河川湖沼等
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109657
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat