老齢果樹園の生産力向上対策試験

老齢果樹園の生産力向上対策試験

県名富山県
研究機関名富山県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
研究対象日本ナシ
概要目的:優良な大苗生産と移植後の植傷みの少ないJM台木苗集中養成技術に適した機能性ポットの種類と養成期間を検討する。接ぎ木2年養成した苗の移植を実施し、活着状況について検討する。また、3年養成の区については引き続き生長量等を検討する。
 また、低樹高で高品質な果実生産に適したJM台木利用によるわい化栽培を確立するため樹の生長量にあわせて主枝候補枝を養成する整枝法(改良主幹形)について検討する。
期待される成果と活用面:JM台木の地上部長の差によるわい化効果等が明らかになり、本県における早期成園化と高品質生産に有効なJM台木利用によるわい化栽培の樹形(改良主幹形)及び側枝管理技術の開発に活用できる。
 また、本県における早期成園化と高品質生産に有効なJM台木利用によるわい化栽培に適した樹形及び平易な側枝管理技術が明らかになり、JM台木利用によわい化栽培の普及に活用できる。
研究分担果樹試
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
業績(1)ニホンナシ「幸水」における花芽制限等による省力栽培に関する研究
(2)富山県のニホンナシ産地における老齢樹‘幸水’実態調査報告(2003年)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109754
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat