反射フィルムを利用したモモの高糖度果実生産技術の開発

反射フィルムを利用したモモの高糖度果実生産技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜19
年度2004
研究対象モモ
概要目的:気候温暖化が進むに伴い、気象の年次変動幅が大きくなってきている。今後も2003年のような記録的な冷夏年が訪れることが考えられる。夏が収穫期であるモモは、冷夏の影響を受けやすく、特に糖度の低下が懸念される。そこで、糖度の上昇を主目的とした反射フィルムの利用栽培方法を確立する。
期待される成果と活用面:反射フィルムによる光環境の改善効果と、多孔質資材の断水効果による糖度の上昇程度が判明する。露地栽培でも導入できる、被覆資材を利用した高品質果実生産技術を開発し、環境の変化に対応できる栽培技術として活用する。 
研究分担果樹試
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109757
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat