土壌環境調査事業

土壌環境調査事業

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜
年度2004
研究対象水稲
概要目的;半湿田における籾がら牛ふん堆肥の連用が、収量・品質に及ぼす影響、土壌の理化学性の改善効果を明らかにする。得られた成果;(i)跡地土壌の全窒素、腐植及びケイ酸含量は堆肥施用のいずれの区でも対照区より多く、有機物連用による養分の集積が認められた。(ii)土壌窒素無機化過程は、堆肥連用区が対照区より高く推移し、特に生育後半の窒素吸収に寄与しているものと考えられた。(iii)根の活力の指標である導管溢泌液量は、堆肥施用区が対照区よりも多い傾向が見られた。また、堆肥施用区では成熟期のケイ酸含有率が高い傾向であった。
研究分担土壌環境科
戦略土地利用型農業
予算区分国庫補助
専門栽培生理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030109886
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat