水稲の栽培様式多様化に伴う病害虫発生生態の解明と防除技術

水稲の栽培様式多様化に伴う病害虫発生生態の解明と防除技術

県名長野県
研究機関名長野県農事試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H6〜
年度2004
研究対象水稲
概要県内で発生した細菌性病害の発生件数は少なかった。県内いもち病常習発生地の発生パターンと時期別の葉いもちの発生量を調査し、葉いもちおよび穂いもちともに発生は少なかった。地域内での箱処理普及により、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ニカメイチュウの発生密度が地域内で低下している傾向が認められた。
研究分担病害虫土壌肥料部
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門病害、虫害
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110400
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat