水稲の側条施肥等施肥法の改善

水稲の側条施肥等施肥法の改善

県名長野県
研究機関名長野県農事試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H元〜
年度2004
研究対象水稲
概要シグモイド型被覆尿素による全量基肥施肥を検討した結果、セラコートは70日タイプが適合すると判断された。LPSS100を使用すると千粒重の低下が少ない。有機質肥料の有機物語、バイオの有機共に慣行2割減肥区と同等の収量が確保されたことから、肥効率は80%程度であると考えられた。米ぬか、屑大豆の肥効率は約50%と考えられた。生育経過及びC/N比から、屑大豆は速効的に、米ぬかはやや遅効性で地力窒素的な肥効を示すと推測された。
研究分担病害虫土壌肥料部
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門土壌肥料
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110406
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat