ブドウ三倍性無核優良品種育成試験 2.既存の四倍性品種を利用した三倍性個体の育成

 ブドウ三倍性無核優良品種育成試験 2.既存の四倍性品種を利用した三倍性個体の育成

県名長野県
研究機関名長野県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象ブドウ
概要 既存の四倍体品種及び二倍体品種を母本とした交配により、無核、大粒系の三倍体品種育成のための実生を作出する。 8交配組合せにより387の種子が得られ、それらのうち315について胚珠・胚培養を行っており、12月末現在、8個体から発芽がみられている。H14年の交配により得られた巨峰×ロザリオ ビアンコの実生1個体及び巨峰×甲斐乙女の実生3個体を順化し、苗木を養成中である。
研究分担育種部
戦略園芸
予算区分県単
専門育種
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110514
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat