持続的切り花生産のための養水分管理技術の開発 点滴かん水施肥システムにおける養水分管理技術の開発

持続的切り花生産のための養水分管理技術の開発 点滴かん水施肥システムにおける養水分管理技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2004
研究対象カーネーション、トルコギキョウ
概要 トルコギキョウの栽培では、一般に生育に必要な肥料分をほぼ全量基肥施用し、生育に応じ追肥を行うとともに、生育初期から多量の潅水を行っている。そのため、基肥施用した肥料分の一部が植物体に吸収されることなく、地中へと流亡していることが予想され、施肥体系を見直す必要がある。一方、植物の生育に合わせた施肥管理が可能で、環境保全的な栽培システムである潅水同時施肥栽培(養液土耕栽培)技術が開発され、県下でも果菜類やカーネーション栽培に導入されつつある。そこで、トルコギキョウ栽培における潅水同時施肥栽培技術の確立を目指し、本年度は施肥・潅水量及びマルチ被覆処理の影響について検討する。
研究分担花き部
戦略園芸
予算区分新技術
専門栽培生理
部門花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110553
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat