地域農業に適合する花きの作型・作付け体系の確立 スターチス培養苗の栽培技術

地域農業に適合する花きの作型・作付け体系の確立 スターチス培養苗の栽培技術

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H10〜15
年度2004
研究対象スターチス
概要 シネンシス系ハイブリッドスターチスを秋に定植して無加温栽培を行うと5月以降に出荷が集中するため、販売価格の低下や出荷期の労力集中が規模拡大の妨げになっている。このため、作期拡大による有利販売が課題である。既に3、4月出荷が可能となっているので、需要期である12月出荷技術の確立を図る。
研究分担花き部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門花き
業績(1)キャベツのIPMマニュアル
(2)キャベツに発生する害虫と土着天敵の消長
(3)レタスの総合適害虫管理における土着天敵およびアブラムシ類の発生
(4)イラクサギンウワバの各地発生状況と低温耐性
(5)カーネーションにおけるハダニ被害の品種間差
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110554
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat