カキ害虫(カキノヘタムシガ)の性フェロモン開発とクリーン防除技術の確立

カキ害虫(カキノヘタムシガ)の性フェロモン開発とクリーン防除技術の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象カキ
概要目的:カキの主要害虫であるカキノヘタムシガの性フェロモン製剤を開発し、それを利用した発生予察法及び交信撹乱防除法を開発して、カキの「ぎふクリーン農業技術」を確立する。計画:1.カキノヘタムシガの性フェロモン製剤を開発する。2.性フェロモン製剤による交尾阻害防除法を確立する。3.性フェロモン製剤を利用した発生予測法を開発する得られた成果:合成性フェロモンによる交尾阻害防除試験の結果、交信攪乱効果、被害軽減効果が確認された。
研究分担環境部
戦略環境
予算区分県単
専門虫害
部門果樹
業績(1)カキノヘタムシガの合成性フェロモンによる交信かく乱試験
(2)カキノヘタムシガの交信攪乱剤、及びカキノヘタムシガの交信攪乱方法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110755
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat