簡易キットによる農薬分析技術の確立

簡易キットによる農薬分析技術の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象共通
概要目的:朝市等直売所の農産物について残留農薬調査を行うに当たり、生産者等が自ら調査を行えるような簡易分析技術を提供、指導する。 計画:1.農薬簡易分析キットの精度の検討。2.阻害回避技術の検討 3.簡易キットを使用した検査方法マニュアルの作成 得られた成果:1.エンバイロガードの精度を検討した結果、回収率は±50%が妥当と考えられた。2.農薬残留の有無についてのスクリーニングに使用するには問題ないと考えられたが、イチゴ、トマト、なし、ピーマンで阻害反応がみられた
研究分担環境部
戦略環境
予算区分国庫補助(農林水産省)
専門環境
部門野菜、果樹
業績(1)残留農薬検査キットの現場活用への取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110757
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat