健全な内水面生態系復元推進委託事業(環境調和型アユ増殖手法開発)

健全な内水面生態系復元推進委託事業(環境調和型アユ増殖手法開発)

県名岐阜県
研究機関名岐阜県淡水魚研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
研究対象アユ
概要目的: (1)河川環境とアユ収容力の関係を検討する。(2)大規模漁法(やな、瀬張り網等)がアユ資源に及ぼす影響を解明する。計画:(1)付着藻類及び漁場環境とアユ生息密度の関係の把握(2)ヤナおよび友釣りで漁獲されるアユの種類の把握効果:(1)木曽川水系小坂川支流大洞川において調査を行った。調査河川の付着藻類の平均増殖量からみた環境収容力を1.7尾/m2と試算した。また、淵に近いほどアユの生息密度が高くなる傾向が認められ、アユの生息密度に淵が重要な役割を果たしていることが再確認された。さらに、冷水病が蔓延すると、アユは下流へ分布し、平均水深が深く流速の緩やかな場所の生息密度が高くなる傾向がみられた。(2)長良川上流域に放流された種苗の下顎側線孔調査とアロザイム分析から、両者を組み合わせることにより、ヤナおよび瀬張り網採捕魚における各放流種苗の混合率の推定が可能と考えられた。長良川上中流域で6月〜8月に友釣りで採捕したアユ(3群)、ヤナ(2統)及び瀬張り網で9月〜10月に漁獲されたアユ(11群)の下顎側線孔調査とアロザイム分析から、友釣り採捕アユには7月で約54%、8月で約28%の琵琶湖産アユの混入が認められたが、ヤナ及び瀬張り網採捕魚には琵琶湖産アユの混入の可能性が低いと推察された。
研究分担試験研究部
戦略水産
予算区分受託(独法)
専門水産増養殖
部門河川・湖沼
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110817
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat