8 放射線を利用した本県特産野菜の優良品種・母本の育成と育種技術の改良 (1)イオンビーム突然変異育種法による温室メロン環境ストレス耐性等個体の育成

8 放射線を利用した本県特産野菜の優良品種・母本の育成と育種技術の改良 (1)イオンビーム突然変異育種法による温室メロン環境ストレス耐性等個体の育成

県名静岡県
研究機関名静岡県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
研究対象メロン
概要目的:野菜を対象にイオンビーム、X線等の放射線照射と近赤外線を利用した効率的で新しい育種法を開発し、有望品種・母本を育成する。これまでの成果:温室メロンにイオンビームを照射し、低温肥大性等に優れた55個体を獲得した。また、変異系統の早期選抜手法開発に向け、育苗時の高・低温処理条件を明らかにした。イチゴでは、軟X線照射を利用した偽受精処理によって、処理親品種と倍数性が異なる個体が得られた。また、培養物への軟X線照射により、早生性や花粉稔性に変異が観察された。温室メロンに低温伸長性、耐病性等の形質を付与するために、イオンビーム突然変異育種法、DNAマーカー利用の育種技術を開発する。
研究分担生物工学部
戦略作物育種
予算区分国庫補助(文科省)
専門育種
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat