29.間欠給肥法で排出肥料を大幅削減できるバラ養液栽培システムの開発 (2)排出肥料濃度が管理可能な新制御システムの開発

29.間欠給肥法で排出肥料を大幅削減できるバラ養液栽培システムの開発 (2)排出肥料濃度が管理可能な新制御システムの開発

県名静岡県
研究機関名静岡県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2004
研究対象バラ
概要目的:バラ養液栽培の環境負荷軽減対策として、肥料と水を交互に行う間欠給肥法と、余剰水を再利用できる容器を組み合わせた新しいシステムを開発する。これまでの成果:バラに与える肥料を40%以下にしても、間欠給肥法と容器を組み合わせることで、収量は従来法と同程度が期待できる。 また、肥料代が削減でき栽培コストが低下する。蒸散量に応じた給液が可能で、排出肥料濃度も制御できる新たなシステムを開発し、排出肥料量を更に削減する。
研究分担園芸部
戦略園芸
予算区分受託(農林水産省)
専門栽培生理
部門花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030110922
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat