超臨界水中燃焼法による家畜排せつ物からの熱エネルギー回収技術

超臨界水中燃焼法による家畜排せつ物からの熱エネルギー回収技術

県名静岡県
研究機関名静岡県中小家畜試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象豚、鶏
概要 家畜から排泄される糞は堆肥化されて有機質として農地へ還元されているが、近年耕種農家の老齢化や食品リサイクル法の施行により、近い将来堆肥は供給過剰となるため、堆肥化処理以外での効率的処理方法を検討する必要性が生じてきている。家畜排せつ物を超臨界水中で燃焼させる研究を行う。その際発生する熱エネルギーを効率的に回収する方法も検討していく。
研究分担環境技術
戦略環境
予算区分受託
専門環境
部門豚、鶏
業績(1)流通式超臨界水中燃焼法による豚ふんの連続処理条件の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111092
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat