材質の優れた品種系統の早期選抜技術に関する研究

材質の優れた品種系統の早期選抜技術に関する研究

県名静岡県
研究機関名静岡県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
概要 スギ精英樹系統の材質を早期に評価する手法の開発、抵抗性クロマツの現地適応性評価、苗畑でのスギ、ヒノキ苗の徒長防止方法の検討等を行う。  スギは植栽5〜15年程度で材質評価の可能性があることが分った。抵抗性クロマツ植栽時の活着に対し、菌根菌資材及びスギ炭の施用の有効性が示唆された。スギ2年生苗の徒長防止に対しダミノジットと根切りの併用効果が認められた。  材質特性に関する早期選抜により、用途に応じた材質特性を持つ苗木の早期普及が可能となる。抵抗性クロマツの利用が促進され、マツクイムシに強い海岸防災林が造成される。スギ、ヒノキ規格苗木生産の効率化がなされる。
研究分担森林育成
戦略森林・林業・木材産業
予算区分県単
専門植物生態
業績(1)マツノザイセンチュウを接種したクロマツから発生する微弱発光
(2)材質の優れたスギ品種の創出と早期評価の可能性
(3)スギ立木MOEの遺伝特性の解明と早期における評価技術(I)スギ精英樹ダイアレル交配家系、挿し木クローンのMOE評価
(4)スギ精英樹の幼齢木における材質の樹幹内分布
(5)スギ立木MOEの遺伝特性の解明と早期における評価技術(2)静岡県内2地域におけるスギ正角材のMOE樹幹内変動
(6)スギ精英樹の樹幹材質解析と丸太ヤング率のモデル化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat