アユ資源生態研究

アユ資源生態研究

県名静岡県
研究機関名静岡県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
概要目的:都田川河口付近に生息する仔稚魚期のアユの生態を解明し、仔稚魚期の減耗要因等を明らかにする。 内容:都田川中流域で秋に産卵・流下する仔魚、流下後〜遡上期に河口〜細江湖内に滞留する稚魚、そして、春先に遡上する幼稚魚について、それぞれの量、場所、出現時期、大きさ等を調査する。 期待される成果:減耗要因を特定することによって、河口域での適正な稚アユ採捕量を設定したり、河川に遡上するアユの量が把握可能となり、河川毎の資源管理や効率的なアユ増殖事業の推進が図られる。 得られた成果:これまでアユ稚魚は都田川河口域を中心に生活していると考えられたが、調査の結果、流下仔魚が浜名湖南部までの広い海域で生息していることが分った。
研究分担浜名湖
戦略水産
予算区分 県単
専門水産増養殖
部門河川・湖泥等
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111156
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat