3 海産種苗放流技術開発試験

3 海産種苗放流技術開発試験

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜19
年度2004
概要 トラフグは,漁獲物の少ない冬季に多く獲れ単価も高いことから,重要な漁獲対象種となっているが,その漁獲量は年変動が大きく,漁家経営が不安定である。そこでトラフグ資源と漁獲量の維持・増大のために必要な種苗放流技術開発を行うことにより,漁家経営の安定を図ることを目的とする。 (1)生態調査  放流魚と天然魚の成長状況などを確認するため,伊勢湾沿岸部の小型定置網に漁獲された稚魚を採集した。 (2)標識放流調査  漁業者が中間育成した種苗を利用し,漁業者や漁協,普及員と共同して,イラストマー標識放流を実施した。 (3)放流効果調査  一色,豊浜と片名市場で,小型底びき網及びはえ縄による漁獲物中の放流魚の漁獲状況を調査した。  なお,試験は同じ系群を漁獲する静岡・三重県及び種苗を供給する南伊豆栽培漁業センターと共同して行った。  結果の概要は以下のとおり。 (1)生態調査 本試験によりトラフグ種苗放流を効果的に実施するための基礎的な知見を得ることができた。今後は,本県沿岸海域で平成12年度から実施してきたイラストマー標識による放流効果調査を継続し,各放流群別の回収率を算出して放流適地を明らかにする。また,より効率的な種苗放流を行うための小型魚放流術開発試験を重点的に実施する。 (2)標識放流調査 イラストマー標識は漁業者が育成した54,539尾に装着し,伊勢湾奥部木曽三川河口沖および矢作川河口沖に放流した。この他にイラストマー標識魚は遠州灘,熊野灘で約6.3万尾の標識魚が放流された。 (3)放流効果調査片名市場のはえ縄漁獲物調査では,調査尾数4,939尾のうち287尾のイラストマー標識魚を確認(混獲率5.8%)した。標識魚の放流群別内訳は,平成15年木曽三川河口沖放流群が45%,平成14年常滑地先・常滑沖放流群が41%であった。  豊浜市場の小型底びき網漁獲物調査の当歳魚混獲状況は,調査尾数1,631尾に対し243尾の標識魚を確認(混獲率14.9%)した。放流群別の内訳では,伊勢市有滝共同放流群50%,矢作河口沖放流群30%,木曽三川河口沖放流群15%であった。一色市場調査では,調査尾数941尾のうち28尾の標識魚を確認(混
研究分担栽培漁業
戦略水産
予算区分国庫補助 (水産庁)
専門水産増養殖
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111402
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat