森と川と魚による地域活性化のための技術開発

森と川と魚による地域活性化のための技術開発

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
概要 河川漁業およびマス類養殖業の振興による地域の活性化を図るため、河川における水産資源の増殖、魚類生息環境の管理および養殖技術等に関する調査研究を実施した。 ・魚類と河川環境の関係の調査 ・遺伝的多様性を考慮に入れた放流種苗を生産するため、イワナの遺伝的特性についてDNA分析による識別解析試験を行った。また、バイテク技術を用いた有用形質魚作出技術の開発を行った。 ・ビワマスの栽培技術効率化に関する研究を行った。
研究分担醒井養鱒分場
戦略水産
予算区分県単
専門水産増養殖
部門河川・湖沼等
業績(1)琵琶湖流入河川におけるイワナの集団構造
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111649
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat