作物の培養細胞再分化及び器官形成を制御する因子の探索

 作物の培養細胞再分化及び器官形成を制御する因子の探索

県名京都府
研究機関名京都府農業資源研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
研究対象カブ、ハクサイ
概要研究の目的:組織細胞培養により、作物を改良する場合に再分化能や器官形成能に品種間差が見られ、品種改良の障害となる。この差がどのような遺伝的要因、生理的機作からなるか解析する。また、根こぶ病抵抗性についても遺伝解析する。本年はヨーロッパ原産の飼料用カブ、ゲルリアRに由来する根こぶ病抵抗性遺伝子座を解析するため、ハクサイ‘信嶺’のF2を用いた解析を行った。研究の内容:根こぶ病検定では、抵抗性は少数因子の支配と推定されたが、既に発表されている抵抗性遺伝子座Crr1及びCrr2と連鎖は認められなかった。そこで、バルク法により、抵抗性遺伝子座に連鎖するマーカーを得た。この抵抗性遺伝子座は、韓国で最近報告された遺伝子座Crbの近傍に位置することが明らかとなった。以前に見い出したCrr3、また、アラビドプシスの遺伝情報とあわせて検討すると、飼料用カブの持つ抵抗性が少なくとも4座存在すると推定された。
研究分担基礎研究部
戦略作物育種
予算区分府単
専門育種
部門野菜
業績(1) Construction of a molecular linkage map of radish (Raphanus sativus L.), based on AFLP and Brassica-SSR markers.
(2)飼料用カブGelria R (Brassica rapa)に由来する新しい根こぶ病抵抗性遺伝子座の解析
(3) Construction of a gnetic linkage map of radish (Raphanus sativus L.), using AFLP, Brassica-SSR and SLG Markers.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111675
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat