紫ずきんの安定栽培と出荷技術の開発  (2)自走式エダマメ収穫機の改良と機械収穫に適した栽培技術の確立  (i)丹波黒エダマメに適した収穫機の利用法の検討

紫ずきんの安定栽培と出荷技術の開発  (2)自走式エダマメ収穫機の改良と機械収穫に適した栽培技術の確立  (i)丹波黒エダマメに適した収穫機の利用法の検討

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜18
年度2004
研究対象大豆
概要 m社が開発したエダマメ収穫機は、ほ場内を自走しながら莢だけを収穫する機械で、1人で作業が可能である。しかし、黒大豆エダマメ「紫ずきん」の収穫では傷莢が多くなる。そこで、「紫ずきん」でも傷莢が少ない機械の利用法を検討する。 研究内容:走行速度を遅くすれば莢にブレードが多く当たることにより、傷莢が多くなると推察された。また、走行速度を速くするともぎ残しが多くなり、「紫ずきん」の収穫には中程度の速度(0.13m/s)が良いと考えられた。なお、供試した機械は立毛状態で莢を取る自走式の機械であるが、降雨等で土壌が悪条件でも収穫できることがわかった。
研究分担作物
戦略土地利用型
予算区分府単
専門農業機械
部門大豆
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111705
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat