3漁場形成に関する研究 (1)新海洋秩序対策推進事業

3漁場形成に関する研究 (1)新海洋秩序対策推進事業

県名京都府
研究機関名京都府立海洋センター
課題種別試験研究課題
研究期間H9〜18
年度2004
概要○目的:漁海況や浮魚の資源状況を調査し、広域的な資源の利用と操業の効率化を図る。○計画:調査船による海洋観測及び自記式水温計による沿岸の水温観測等を実施するとともに府漁連等から主要魚種の漁獲量資料等を収集して整理する。また、これらの資料に漁業情報サービスセンター等の漁海況情報も加えて、漁業者等に情報提供を行う。○期待される効果:京都府及び他県の漁海況情報が幅広く漁業者等に提供されることにより、漁業操業の効率化等に寄与することができる。○得られた成果:京都府及び他県の漁海況情報を幅広く漁業者等に提供することができた。○残された問題点:調査船による海洋観測及び自記式水温計等による沿岸水温等の観測体制を充実させる必要がある。
研究分担海洋調査部
戦略水産
予算区分国庫補助
専門水産資源
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111847
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat